ネット銀行は、参入時期が新しめの企業がおすすめ

  • HOME »
  • ネット銀行は、参入時期が新しめの企業がおすすめ

基本的に銀行系のカードローンは金利が低くなっていますが、中でも参入してきたのが新しい企業は審査が緩く、使いやすいのが特徴です。
以下に住信SBI銀行と、楽天銀行について簡単に紹介していきます。

住信SBI銀行

住信SBI銀行は2007年にサービスをスタートした銀行です。
様々なネットサービスを展開しており、10年近い業績がありますが、あまり知られていないのが特徴です。
住宅ローンのサービスでよく知られていると思いますが、カードローンを使ったり、メインバンクとして使ったりしている人は多くないと思います。
実際、新規利用者を獲得するためのキャンペーンも様々あるので、審査が他のと比べると緩く、金利も低めになっているのです。

楽天銀行

楽天銀行は以前のイーバンクです。
イーバンク銀行と言えばネットバンキングの先駆け的な存在で、非常に有名な銀行でしたが、楽天に買収され、楽天銀行として生まれ変わりました。
現在はカードローンのサービスもあり、借り換え・おまとめローンに対応。それの新規顧客取り込みのためのキャンペーンがどんどん開催されています。
楽天クレジットカードの審査に通る人ならほぼ問題なくカードローンも通るかと思います。

以上が現在特におすすめな銀行です。

しかし、実は地元の信用金庫もおすすめな選択肢です。
信用金庫とは、その地域に住んでいる人を主なターゲットにしているため、審査が非常に通りやすくなっているのです。
都市部では銀行の利用がメインですが、郊外や田舎部では、信用金庫の利用も珍しくありません。
しかし、それでも大手の銀行に利用者を取られやすいので、顧客を増やすために日夜努力しています。

信用金庫は大手銀行に比べると、かなり利用しやすくなっています。
利用する場合には、必ず居住地にある、地元の信用金庫を選びましょう。

確かに、普段縁がない信用金庫に出向き、いきなり申し込むと断られることもあり、普段から利用している方が優遇されやすい傾向はあります。
ですので、住宅ローンや預金口座、カーローンなどでも良いですが、まずは作りやすい普通口座を作り、これから頻繁に使用するという意向を見せていくのが重要です。

もちろん、ほかの消費者金融や銀行などと同じく、他社からの借り入れ件数が多いと、審査が難しくなることには変わりありません。
できるだけ完済してから、もしくは完済が近くなってから、申し込みます。

どの選択肢も一長一短ありますので、十分に比較検討しながら選びましょう。

PAGETOP
Copyright © みずほ銀行カードローン審査を大攻略 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.