利用限度額が大きくなることで、金利が下がるわけ

  • HOME »
  • 利用限度額が大きくなることで、金利が下がるわけ

カードローンはどのような会社でも、利用限度額が上がるほど金利が下がるものです。

よく、消費者金融の公式サイトに、金利4.6%~14.6%などと書かれていると思います。
これは簡単に言って、利用限度額が最も低く設定された場合が14.6%、最も高く設定された場合が4.6%になる、ということです。

限度額が高いと金利が下がるのは、ズバリ、元金が大きくなると支払う利息も大きくなるためです。
300万、500万という大金のカードローンなら、4.6%ほどの利息で十分な利益となるのです。
反対に50万円ほどの最低額の限度額なら、14.6%ほど利息を取らなければ利益が出ないということです。

金利は利息制限法という法律に基づいた範囲内で設定されますが、幅があるのはこのようなことがあるからなのです。

また、カードローンの仕組みも大きく影響します。
カードローンだと、実際の利用残高が多ければ、その分支払う利子は大きくなります。
高い金額を使い、それを返すのを繰り返すと、その分高額な利息を払う必要があり、高利のローンを借りているのと何も変わりません。

金利で考えるのと同時に、利息計算も考えなければたくさんの利息を払うことになるのです。

さらに、カードローンは好きな時にお金を引き出せる、いわば魔法のようなカードで、用途によって金利が変わることはありません。
事業性資金以外では用途自由の多目的ローンの一つですので、金利が変わることはありません。
もし教育資金、車の購入資金などで必要ならそれに合ったローンを使うのが鉄則となります。
車を買いたいがためにカードローンを使うという方はいないと思いますが、たとえ車を買うためにカードローンを使いたいと話しても、金利が変わることはありませんので注意してください。

低金利のカードローンの選び方

カードローンは銀行のカードローンなのか、銀行系の消費者金融のカードローンなのかを選ぶところから始めます。
そして、低金利であることを特に重視するなら、審査基準が厳しい銀行のカードローンを選ぶのがおすすめです。

審査が簡単で、金利が低いところはありませんが、できるだけ通りやすく、金利が低いカードローンを使いたいという問いには、銀行系の消費者金融がベストです。

そして、前述のように最初に示されている4.6%~14.6%などの金利は、最高の限度額と最低の限度額の場合での金利ですので、自分が利用したい額で比較するのがベストです。
ただ、基本的には100万円までが大半となりますので、最高金利で比較するのも悪くありません。
両方で、様々な見方で比較してから、申し込みをしましょう。

PAGETOP
Copyright © みずほ銀行カードローン審査を大攻略 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.